春夏秋冬

アクセスカウンタ

zoom RSS  詩   春になったら

<<   作成日時 : 2009/01/18 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 42

 
 春になったら おもてにでましょう

  もぅ少し がまんの 大地の若芽


    野原も里も かわいい緑

    雨 風 日を受け のびのび伸びる    


  青空のもと いつしか咲いて

  のどかに 奏でる 花のメドレー        
                                                                                                                                         

                                                        

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(42件)

内 容 ニックネーム/日時
今が一番寒いときですね・・

早く暖かくなって欲しいですが・・
花粉も嫌だぁ〜

masa彡
2009/01/19 12:33
こんにちは。
もぅすぐ可愛いお花の顔が見られますね。
今が一番寒いときでインフルエンザなども流行ってますが、お風邪などを召されません様にご自愛なさって下さいね(*^-^)♪
マリー
2009/01/19 12:48
こんにちは^^
外は雪ですが、春の息吹を感じています。

花達のメドレー、楽しみです
betty
2009/01/19 15:59
こんばんは
今年はお正月以来 寒い日が多いような気がします。
世の中が寒い冬の時代だからでしょうか。
家にいてさえ寒がっているのですから
帰る家のない方々は、きっと凍える気持ちでしょうね
春がきて、世の中にも暖かい春の景気風が吹いて
きてくれるといいですね。
自然界の春は、風と共に花粉を運んできて、アレルギーの方々を悩ませますね。
鼻水たらたら、目やお顔がかゆくてお肌が荒れたり
辛い季節になりますね。
私も、目のまわりがかゆくなったことがありました
ですので、お食事に気をつけています。
masa様へ    織り姫
2009/01/19 21:56
こんばんは
この冬は、どうにか風邪もひかずにきています。
お首に襟巻き、足に靴下二枚、外でお庭掃除などを
する時はマスクをして、万病の元の風邪をひかないように、気をつけて過ごしています。
マリー様も、どぅぞご自愛くださいませね。
マリー様へ    織り姫
2009/01/19 22:12
とてもかわいらしい詩ですね。

春はもうすぐです!
新しい命が芽吹くことを思うと
心も温かくなりますよね。
pale moon
2009/01/19 22:15
こんばんは
まだまだ春は遠い先ですね
なのに、雪の下から蕗の薹がでてきているお写真を
紹介されているブログさんがありましたね。
風雪に耐えて、けなげに一生懸命生きている命に
感動と、春はもうすぐという喜びを感じましたね
厳しい冬があるから、春の喜びも大きいのでしょうね
            
betty様へ    織り姫
2009/01/19 22:26
こんばんは
春は、もうすぐですね。
まだ、と思えばそんな気もしますし、もうすぐ、と
いえば、もうすぐのような気がしますね。
心って不思議ですね。
人生でいえば、春は青春、夏は壮年、ぃぃぇ、今時は
壮春と言ったほうがいいのかもね。
秋は熟年、冬は・・・でしょうか。
また、冬は苦しみ悲しみにたとえられ、
春は、喜び幸せにたとえられます。
でも、冬を楽しむ雪や氷のお祭り、鍋料理などがありますよね。冬を味わい、春を味わいたいですね。

paie moon様へ  織り姫
2009/01/19 22:46
ひと足先の春の風景ですね!
緑の芽が可愛いですよね〜

まだまだ寒さが厳しいけど
土の中の芽は、温かい環境の中で
この厳しい寒さが過ぎ去って
くれる事を願いながら
じっと耐えて、そして

花のメドレーを奏でる準備を
しているんでしょうね!・・・
バイナラー
2009/01/21 01:23
こんばんは
いつも遅くまでのお仕事お疲れさまです。
春になると、私の家のまわりの田や畑のあぜ道や小道には、大犬のふぐり、常盤はぜ、庭ぜきしょう、母子草等が群れ咲きます。 もちろん、タンボボ、すみれ、ほとけのざ、なずな、小判草等等も。
お庭に咲くたくさんのお花も嬉しいですが、
人しれず、ひっそりと一面が花野原というのも
大好きですね。
バイナラー様へ  織り姫
2009/01/21 20:35
初めましてぇ、お邪魔させて頂きま〜す!
何ともふんわりしたような詩ですねぇ、呼んでいると春が待ち遠しくなりますよぉ。
まだまだ冬の厳しい寒さは続きますが土の中では春に芽を出す準備が進んでいますもんねぇ。
このブログを読ませて頂くと気持ちが落ち着きますねぇ、これからもお邪魔させて頂きますのでヨロシクお願いします☆
突然の乱入で申し訳ありませんでしたぁ。m( _ _ )m
朱柄の槍にてござそうろう
2009/01/22 17:02
心には、どこかに

童話の世界があって

そして、たった一度の出逢いがあって

また、すれ違ってもわからなくて

いつの日か

生まれ変わったら

赤い糸の人かもわからない

そんな心の中の童話

そっと、ひとりでめくってみる

そして...

やわらかき、薄紅色のサザンカ眺め

もも色のひそやかな色の

若き日の秘め事

閉じ込める....

私の若き日の青春、

遠き思い出


季節の風
2009/01/22 17:28
はじめまして、本を出版されているんですね。
虫たちの成長から気づきを与えられるようなおな話なのでしょうか?紹介文等いろいろ読ませていただいていると、どんな風に表現されているんだろう。
幼虫からさなぎ 成虫・・・そして争い。。。
うーん、頭の中で想像が勝手に膨らんできます。

私は本が大好きなので、近い内に読ませていただきたいと思います。本の中でお会いできることを楽しみにしています。

訪問頂いたのは貴方様でしょうか?
もしそうであればありがとうございます。
そうでなくとも、このページに巡り合わせてくださった事に感謝いたします。

またお邪魔させていただきます。
ありがとう。
あたたか (あたたかデザイン)
2009/01/22 21:23
こんばんは
初米、とても嬉しいです。
有難うございます。
お写真もなく、愛想のないことですが
まぁ お茶でもどぅぞう。
お気持ちだけでごめんなさいねぇ〜
朱柄の槍様に心が落ち着くって言っていただいて
なんだか、あがってしまいました。
次から書くのは、きっとよれよれかもね
そのときは笑って許してくださいね
主柄の槍にてござそうろう様へ
2009/01/22 22:27
こんばんは
薄紅色の花びらのようなきれいな詩のお土産
有難うございます。
わくわく楽しく繰り返して読ませていただいてます
季節の風様の素敵な詩を、ブログのおもてに出して
あげたほうがいいように思いますけど。
春になったら、そうしてあげてほしいですぅ。
このままでは、詩がないてしまうかもね〜ぇ
お仕事で、いつも言葉を磨いてみえるのねって、
詩をよませていただいてわかるような気がします。
私などは、田舎まるだしです





季節の風様へ
2009/01/22 23:19
こんばんは
初めまして。
今日桑名のブログ様へお伺いさせていただきました。
いいお話がたくさん載っていますね
これからも楽しみにしています。
楽園の王者の物語の中に、たくさん思いをこめました。読んでいただけますことをとても嬉しく思います
物語の始めごろは、あたたか様のご想像どうりの進み方ですね。虫達の姿を借りて人間を書きましたが、
一応は、虫達の生態にそって進めました。
どうぞよろしくお願いいたします





あたたか(あたたかデザイン)様へ
2009/01/23 00:01
こんにちは、ご訪問ありがとうございました。
早速今、楽園の王者 を注文しました。
在庫有りとなっていたので、明日か明後日には、拝見できると思うと、楽しみでワクワクします。
待ち遠しいです。
あたたか (あたたかデザイン)
2009/01/23 17:47
こんばんは
有難うございます
嬉しぃ〜です。
でもわくわくのご期待にはずれたら
どぅしましょう
織り姫
2009/01/23 21:18
鳥たちの感覚は敏感のようです。もうすっかり春の気分で、繁殖の準備に入っている種類もあります。神経を集中させると人でもそれを感じることができるようです。それが詩に表れているんですね。
マイ野鳥図鑑
2009/01/23 21:38
こんばんは
ようこそですぅ
いつもお寒い中の撮影、有難うございます
なぜか小鳥が好きなのです
私も、それぞれの小鳥の名前をいえたら
素敵でしょうね って思っているのですよ
それですので、お勉強させていただいています
織り姫
2009/01/23 21:54
見えていないもの

心の中いっぱいの気持ち

形のないもの

両手でいっぱいにすくった気持ち

優しき音色が

心にとけ込む気持ち

人を思いやる、気持ち

人はそれを

愛と呼ぶのでしょうか

私は、ほんの一握りの幸せがあれば

それでいいと思う。

季節の風は

そんなわずかなものでも

心を満たしてくれます。
季節の風
2009/01/24 08:39
白い花は貴女への詩

何にも染まらない

凛と咲く

私だけに見える花

白い花

そんな花があればいいのに・・・

真夏の光に輝いて

元気に逞しく咲く

思いを込めて眺めます

私だけに見える花

白い花

季節の風
2009/01/24 08:46
凍てつく夜の花

紅き花びら、雪を抱く

うなだれ咲く

寒さに震えようとも

凛と咲く

巡る季節の春を待つ

心に咲く紅き花

暖かな花


私は,そんな暖かな花になりたい

紅き花になりたい
季節の風
2009/01/24 08:54
こんばんは
たくさん素敵な詩を有難うございます
楽しく読ませていただいて
大切なこと、愛を見直しています
 季節の風は そんなわずかなものでも
 心を満たしてくれます
ほんとぅに そうですね ひとにぎりの
幸せがあれば 楽しく元気に生きていけますね
目に愛はみえないけど、その心の目がおきているときはみえるのでしょうね。 本当はまわりの大勢の人々から愛されてても、気がつかなかったり、見えなかったりすることもありますしね。
愛は男女の愛だけでなく、友愛、肉親の愛
広く人間愛、命への愛などたくさんの愛がありますね
けれど、異性の純粋な愛に包まれる喜びは、人生の花でしょうし宝ですね
清らかに咲く純白の花、美しい真紅の花が
まぶたに浮かびとても印象深く心に残ります
私も、周りの人々やたくさんの命を愛する真紅の花を心に咲かせ持ち続けたいと思います
 

季節の風様へ  織り姫
2009/01/24 20:26
織り姫さんへ

いっぱいコメント有難う御座います。
大変優しくて可愛い詩を作られるんですね。
織り姫さんは心根が澄んだ方なんですね。
花が咲き乱れる春が早く来て欲しいです。
カメさん
2009/01/25 18:42
こんばんは
有難うございます
たくさんお褒めいただいて嬉し恥ずかしです
カメ様のホームさん暖かく楽しくはずんでます
奥様と仲良しですね
 仲良きことは美しきかな ですね
 わたし よだれたらしてみています
カメ様へ  織り姫
2009/01/25 21:30
織り姫様 作の 書籍 
楽園の王者 届きました。

まだ少ししか呼んでいませんが。子供に読み聞かせるのにも、最適な内容ですね。
まるで、絵本の様!!
あたたかい 言葉の流れや、話し言葉のテンポも素敵です。普段本を読むペースは速いほうですが、ゆっくり
噛みしめて読みたい本です。 素敵な書籍に出会えて幸せです!!!
あたたか
2009/01/26 12:59
こんばんは
ご本がお手元に。
ほんとうに有難うございます。
拙い書き方をしていますけど、こりずに
最後まで、よろしくお願い申し上げます
あたたか(あたたかデザイン)様へ    ...
2009/01/26 22:27
こんにちは織り姫さん。じっくりと読ませて頂いています。いつもビジネス本しか読んでいないので、
織り姫さん著 のような書籍を購入する機会が
ありませんでした。どうしてだろう?と不思議なくらいです。でも一番最初の書籍が 楽園の王者 でうれしいです。
カブトムシが投げ飛ばされて、羽が傷ついて、「もう僕は駄目だー!!」という所がありますよね、
主人公の言葉で 気を取り直す所、とか心の描写がすごく良いですね。すーっと心が伝わってきます。
読ませて頂いて、思い出した事があります。何の本だったか忘れてしましましたが。やさしい人は、お花に水を与えるとき、「お水飲んでね、きっと、おいしいよ、って喜んでいるね。」って頭の中で無意識に考えれるそうです。 あッこの感覚だ・・。
あたたか (あたたかデザイン)
2009/01/28 11:32

こんにちは 今日は春のようですね
あたたか様のご感想を嬉しく読ませていただいています。どのようなところを感じていただけているのか
知ることができて、とても参考になります。
有難うございます。
あたたか(あたたかデザイン)様へ 織りひ...
2009/01/28 15:48
幸福はたくさんある
と考えられる人は、
一つの幸福が得られないからと言って
不幸にならなくてもすむかもしれません。
自分には得られない幸福もあります。
でも、
そういうものを除いても
自分の幸福はたくさんあるのだと思います。
たくさんある幸福の中から
自分で選べばいいし
幸福はたくさんある
と頭でわかるのと、
心でわかるのは違うのかもしれません。
また、
その時の状況によっては
幸福はたくさんある
とはなかなか思えない時もあります。
幸福になれない
と思うような時には、
幸福はたくさんある
と思い出すことができれば、
考え方を変えるきっかけに
なるのではないでしょうか。
幸せは、心の持ち方で
どうにでもなると思えるから。

季節の風
2009/01/28 17:12
こんばんは
季節の風様の お言葉どおりと思います。
一つの愛 (幸福) を求めて、それゆえに、
たくさんのドラマが生まれるのでしょうね。
幸福の青い鳥を求めて旅にでた 
チルチル、ミチルのように、
たくさんの幸福がどこにあるのかを心で気づくのは、悲しみ苦しみをいくつも乗り越えてこなければ、
そこへは至らないのかもしれません。
一つの愛しか見えず、
それだけを欲している場合はたくさんの愛を見失い、時に たくさんの愛を無視し、知らず 
悲しませる言葉を投げているかもしれません。
幸せは心の持ち方しだいといえども、
それさえ、一つの愛しか見えない場合は、
むつかしいことかと思います。
一つの愛を求めて結婚して、そこに
青い鳥などいなかったと、そんなドラマが
あふれています。
本当の愛を、心に抱いていなければ
すぐに青い鳥を黒い鳥に変えてしまいます。
本当の愛があるならば、黒い鳥も
青い鳥にしていけるかと思うのです





季節の風様へ  織り姫
2009/01/29 00:41
くよくよ、イライラしてしまう、
傷つきやすい、
すぐに落ち込んでしまうなど、
不幸になりやすいのは
性格だからって・・・・・。
不幸になる考え方をしてしまうのは
性格だからって・・・・・。
たしかに、
性格を変えることはできないかもしれません。
だから、考え方を変えるなんてできない。
こんなふうに考えてしまう人もいます。
それでも、
不幸になる考え方をしてしまうのは、
性格というよりも、
そういう考え方のクセと
考えたほうがいいと思います。
確かに、
その人の根の性格というのは
変えられないのだと思います。
また、
考え方に性格が影響するのは確かです。
でもそれはほんの一部のような気がします。
逆に、
考え方をちょっと変えたら、
性格が変わったように感じられるかもしれません。
私達は生きていますので
日々変化をしていかなければ・・・・・
時代の波に、
遠くへ押し流されるかもしれません。
季節の風
2009/01/29 07:44
こんばんは
コメント有難うございます
お言葉のとおりと思います
菜の花に桜になって欲しいと望んでも困らせるだけ。
では、しおれうなだれた桜はきれいで素敵かと問われても、はいといえません。
どのお花もお日さまに向かって元気に咲いていればこそ美で素敵なのですから。
性格は表裏、長短一体ですから、そのままで。
やはり、生きるうえで、
生活、人生の価値判断になる哲学を
持っていないと、ふらふらしてしまうでしょうね。
そして、自分はこれをするという希望がなければ
生き生き輝いて生きられないかと思います


織り姫
2009/01/29 22:46
春きてほしいです。
kibou
2009/03/05 16:24
織り姫さん、こんにちは♪

春らしい、柔らかい感じの詩ですね♪
最近、暖かくなって春めいてきました(*^ー゚)b
花粉症が少しあるようで公園に行くと反応します。
どうもペンペン草の花粉のようです(^_^;A
久雄
2009/03/05 18:33
こんばんは
小さい春きてます
世界経済の春 早くきてほしいですね
 じょじょはいて まちましょうね
kibou様へ  織り姫
2009/03/05 20:10
こんばんは
春の草花が、あちこちで見られるようになりましたね
気持ちがわくわくしてきます。
花粉症には、べンべン草も悪いのですか
知りませんでした
公園へ行かれますときには、マスクしていって
くださいね〜 私はなぜか 平気のようです。
久雄様へ  織り姫
2009/03/05 20:18
 時々絵本を見ますが、おもしろく、ほんわり、ほのかな心になります。  
そんな、共通する物を、感じますね
夕顔とひまわり
2009/03/16 23:10
こくばんは〜
今お風呂上りです
米嬉しいです〜
夕顔とひまわり様のイメージは、女らしく優しく、
愛情深く姉様肌の面倒見のよさ
よく気がついて大らかでしょうか。
お会いしたい感じですね〜
夕顔とひまわり様へ 織り姫
2009/03/17 00:02
ほわっと心がゆるむようなとってもかわいらしい詩ですねお花のメドレー。ひそやかに、楽しげに、聴こえてきそうまたお邪魔させてください♪ステキな詩をもっと読んでみたいです♪
sako*
2009/03/20 15:44
こんばんは〜
ようこそです
米有難うございます
優しい女らしさがいっばいのsako様の文章と手作り
小物のブログさん、楽しさがあふれていますね
私もまた、おじゃまさせていたたきます
無愛想なブログですけど、どうぞみてくださいね
    
sako*様へ  織り姫
2009/03/20 18:29
 詩   春になったら 春夏秋冬/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる