春夏秋冬

アクセスカウンタ

zoom RSS 「童話   秘密の贈り物    」について

<<   作成日時 : 2008/12/22 20:24   >>

トラックバック 0 / コメント 31

 物語は、実在の方をモデルにして創作しました。

 くわしくは解かりませんが、たぶんアメリカで、時代は
1971年ごろで、昨今の日本とよくにた状況ではなかったか
と思います。 その昔、無銭飲食してしまうところを
店員さんに助けられます。
その後、困っている人々に名のることなく、プレゼントした
額は1億8000万円。

 今、この方はIT産業と、もう一つの会社の
社長さんでもあります。現在、癌の闘病中です。
お元気になられ、ご多幸でいていただけますよう
全快をお祈りしています。
お話に感動させていただきましたので、
物語として残したく思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(31件)

内 容 ニックネーム/日時
自分も、たぶん同じ話をテレビで、見たことがあります。
今の社会状況は本当に悪くて、多くの方々が不安な思いをされているのは、間違いないことでしょう。

少しでも早く景気が回復するといいですね。
pale moon
2008/12/25 01:03
なにげなくTVをつけてチャンネルを変えたら、このお話を紹介してました。たぶん、12・8のお昼だったと?。短いニュースの紹介でしたが。後日、来宅の方にこのお話をしましたら、感心されましたね。その後も、ときどき思い出してしまうので、物語にしょうと思いつきました。くわしくは、?ですので、紹介されたボイント以外は創作ですね。
織り姫
2008/12/25 09:52
今年も一年が終わろうとしています。
あれやこれやとありましたが、
過ぎてみれば早いように感じます。

織り姫さんはどうでしたか?
充実した一年だったのでしょうか?

それでは、よい年をお迎えください。
pale moon
2008/12/31 11:43

 昨年は有難うございました
 本年も宜しくお願いいたします

昨年も欲張って あれこれしていましたので
気持ちも時間もゆとりなく過ごしました。

あまり多忙にしても 心を滅ぼしかねませんので
今年からは よくばらず 広くから深くへ
いけるようにしたいと思っています。
 言葉が未来を作る と言われていますので
 心したいですね。
 
織り姫
2009/01/01 23:26
新年明けましてお目出度う御座います。
ナイス気持玉プレゼント有難う御座います。
小説をお書きになって凄いですね。
私は野暮天おじさんで何にも取り得が無いんですよ。
これから時々お邪魔させて頂きます。
カメさん
2009/01/02 20:00

カメ様へ
ようこそです。思いつきのブログです
こちらこそ 有難うございます
どうぞ 宜しくお願いいたします
織り姫
2009/01/02 20:44
明けましておめでとうございます。
気持玉有難うございました。
素敵なブログですね。
過去ログを見せていただきました♪
又来させていただきます。
これからも宜しくお願いします(*^-^)♪
マリー
2009/01/03 01:38
明けましておめでとうございます。
いつも陰ながら、ブログにきていただき、
温かいコメントをありがとうございます。

本年も織り姫さんにとって、良い年でありますように
お祈りいたしております。

引き込まれるように、熟読させていただきました。
今の世の中の方が、この様に過ごし生活したなら

戦争はなくなるでしょうね。又御邪魔いたします。
ありがとうございました。
忍舞(しのぶ)
2009/01/03 04:08

ようこそです。
読んでいただけて嬉しいです。
有難うございます
まだ、よちよち文字を打つしか
できないのですけど宜しくおねがいいたします
  
織り姫
2009/01/03 09:36
すみません
マリー様へ 
織り姫
2009/01/03 09:39
すみません
もしかして、店員さんがころされてたかしら?
もし、そうだとしても、優しい思いやりがあったなら
いづれにしても、悲惨な事件にはならなかったと思うのですが。
織り姫
2009/01/03 10:07
すみません
忍舞様へ
織り姫
2009/01/03 10:15
ずいぶん遅くなりましたがあけましておめでとう
ございます><!

急ですがブログを変更しました。

こんな所に書き込んですみません・・・
めいら
2009/01/03 17:55
明けましておめでとうございます
ブログに気持ち玉をありがとうございます。
物語…読ませていただきました。
先へ先へと急いで。。
良いお話ですね。
感動しました。
また寄らせてもらいます。
ありがとう
betty
2009/01/03 19:40
betty様へ
ようこそです。
感想を有難うございます
嬉しく思います
これからもどうぞ、宜しくお願いいたします
織り姫
2009/01/03 22:15
 めいら様へ
学校のお勉強もいろいろ頭を使わなくては
なりませんし、その他諸々もおありでしょうし
時間もないと思います。
今は、学校の方へ力を入れて、頑張ってくださいね。
 いい思い出、お友達と楽しくネ。
 また、お時間のあるときには、お話聞かせてね。
織り姫
2009/01/05 23:34
お返事遅くなりまして申し訳ございません。
素敵な物語ですね・・・
私も歌で人に、気持ちを伝えることを心においています。
織姫さんのようにご感想をくださるととても嬉しいです。
また、遊びにきますね^^
どうぞよろしくお願いいたします。
じゅんこ
2009/01/08 10:39
じゅんこ様へ
こんばんは ようこそです
読んでいただけて嬉しいですね。
歌のお上手な人っていいね。って、
いつも思います。
じゆんこ様の作詞を読みたく思ってますので
私も また、お伺いさせていただきます
どぅぞ宜しくお願いします

織り姫
2009/01/09 01:14
水面に風が渡り

思いがゆらゆらと揺れる

風は緑色

心は、薄紅色

雲行く風は、彼方を目指す

ゆらゆらと、想いを運ぶ

冬色の空は

またここから始まる

新しき綴り言葉は

冬の風に運ばれていく

またひとつ冬の扉を押してみる
季節の風
2009/01/10 10:01
こんにちは
素敵な詩のお土産 有難うございます
冬の風の詩なのに読み終えた後、心がほのぼの
暖かく優しくなります。
 他の詩も楽しみです
 有難うございます
季節の風様へ
2009/01/10 13:25
あの日も晴れていました

いつも、いつも

晴ればかり

ちっとも気にしていなかったけど

心も晴れていたから

気づかずにいました。

心は不思議で

いくつ季節が巡っても

若いあの時のまま

そんな私がひそんでいます

再生ビデオのように

あなたが、

何度も何度も現れる

そして

いつも、うつむきかげんな私

恥ずかしくて

恥ずかしくて

その一言が言えなくて

好きだって

遠い昔の出来事
季節の風
2009/01/12 09:04
こんにちは
とても嬉しいです
素敵な詩のお土産を有難うございます。
一言一言に、うなづいてしまいます。
誰でも経験している、ありふれた心を斬新的、素直に詩われてて素敵ですね。
拝読して、名月を仰いでいる幸せを感じます。
季節の風様のホームに
詩のコーナーができますことを
リクエストします
どうぞ よろしくお願い申し上げます
 

織り姫
2009/01/12 16:53
初めまして!
先日は、私のブログに
ご訪問、コメントまでいただけて
誠に有難うございました!

童話を書いていらっしゃるんですか?
素晴らしいですね!
私も、将来、詩集なり小説なりを
出せるように日夜、勉強に励んでおります。

秘密の贈り物!感動しました!
アランを助けたエリックの心配り、
それがアランの人生を変えたんですね!

苦しんでいる人へ思いやりは、あっても
なかなか自分を犠牲にしてまで
援助する事は、出来ませんよね!

エリックやアランの援助は
お金の援助だけど、私は
お金以上に大切な希望とか
励ましとか、思いやる心を
援助したように感じます。
バイナラー
2009/01/13 12:14
こんばんは
ご丁寧なコメント有難うございます。
バイナラー様もたくさん詩をかかれてますね。
その作品は、読む人を励まし元気にしてくれます。
いつか、詩も小説もご本になりますことを祈って
おります。
この 秘密の贈り物は、バイナラー様の仰いますように、同じく私もニユースを聞いて感動しました。
お金はただのお金ではなく、優しく他人を思いやる愛情、真心そのものでしょうね。愛情は太陽のように
心を温め悲しい心を蘇生させる力を持っていますね
愛情は多くを語らずとも、希望の灯をともし、元気づ
ける最高の栄養です。

バイナラー様へ
2009/01/13 19:10
都会には、

自然が残っていません。

あの目の前に広がる田園風景や山並みは

無くなってしまいました。

一方開発が一部されたとはいえ、

田舎にはまだまだ自然が残されています。

最終的に人の心を癒すのは人間ではなくて、

自然なのだと思います。

田舎を訪れると、

殆どの人が、心穏やかになります。

おそらく、

都会で疲れきってぼろぼろになった心が、

自然の中に身を置くことにより、

癒されるのだろうと思います。

自然、私達にとって心のオアシスなのかもしれません。
季節の風
2009/01/24 11:46
こんばんは
今日は外出やら、来客などで遅くなりました。
すみません
都会の方には、田舎の田園風景や山や川、海などが
とても嬉しいことでしょうね
高いビルに囲まれて、コンクリの道ばかりで、土の道を見ることなどないでしょうからね。
大海の上に広がる大空、朝日や夕日は旅に出ないと見ることができないですしね。
田舎は、人が少なくて、自然の命がいっばいです。
のんびり、ぼんやりしていると、何もしないうちに
恍惚の人になってしまいそうですよ



季節の風様へ  織り姫
2009/01/24 21:58
むかし、むかし、ある村に、
「自分の幸せを紙に書いてきたら、
その数だけ銭をやろう。
ただし、ウソをついてはいけないよ」
と言うヘンなおじさんが現れました。
村人はこぞってそのおじさんの所に押しかけました。
みんな、
50個以上、
多い人は300個も
自分の幸せを紙に書いて持って行きました。
ヘンなおじさんは、
村人を一人ずつ呼び、
紙に書いたその人の幸せを
本人に確認しながら銭を渡しました。
「お前は、
この幸せを感じたことが本当にあるのだな?」
「はい」と答えた場合、
「お前は今、ウソをついたな。
私は神様だからわかるのだ」
と言われることが多く、
「いいえ」と答えた場合には、
「お前はウソを書いたのだな」と言われ、
みんな銭は少ししかもらえませんでした。
そんな中、
一人だけ書いた数だけ銭をもらった村人がいました。
季節の風
2009/01/29 09:48
その村人は正直に、
いくつかの幸せには「はい」と答え、
その他のたくさんの幸せには「いいえ」と答えました。「いいえ」の答えに対して、
神様が「お前はウソを書いたのだな」
と言うと、
その村人は「ウソではございません。
この自分の幸せには
今日考えてみてはじめて気づいたのです。
これから幸せを感じられるように努力するつもりです。おじさん、
ありがとうございました」と答えると、
神様はその村人に銭をくれたのでした。
幸せに気づいたとしても、
それを幸せに感じられるかどうかはわかりません。
たとえば、
「生きているだけで幸せなんだよ」
と教えられても、
それを幸せに思える人は少ないでしょう。
自分の幸せに気づき、
自分の幸せを知ることの次には、
きっと
幸せを感じることが大事なのでしょう
季節の風
2009/01/29 09:48
お早うございます
面白いお話を有難うございます
人は皆、お顔もスタイルも違うように
感じ方も違うのでしょうね
それですから 世の中いろいろあるのでしょう。
知ったことを心でそのまま感じとれたら
感じとった人同士、わかりあえますね
また、感じ取れない同士、気があったり
するでしょうしね。
同じ人でも、年代 経験 その時の境遇によっても
感じ方は変わってくるでしょうね。
生きてること自体が幸せに思える人は
心から幸福で、ほんとに心が充実してなければ
感じとれない境地でしょうね。
不安や悲しみ、悔いや苦しみに覆われた心なら
生きてること自体が辛い世界になりますから。
一生懸命努力して乗り越えて生きた人でなければ、
充実感も得られないと思うから。
地位 名誉 たくさんの財産なくとも 平穏に生活できたら十分と思えるなら、幸せでしょうね
織り姫
2009/01/30 02:40
こんばんわ !        
情けは人のためならず・・・・思い出しますね。
人生、山あり谷あり!
特に男性は挫折味わった人の方が強いと思いますね。
と思いつつ、出来れば悠々自適な生活がいいですね。
夕顔とひまわり
2009/05/09 00:55
こんばんは〜
土、日に関東へ出かけていて
遅くなりすみません
米有難うございます
若い時 苦労を経験した人のほうが強いですね
それにハングリーに育った方がいいようです
不幸な子供にする育て方に
 欲しがる物を洪水のように与える
 美味しい物ばかり与える
とか、聞いたことがあります
もう一つありましたが忘れましたが


夕顔とひまわり様へ 織り姫  
2009/05/10 21:48
「童話   秘密の贈り物    」について 春夏秋冬/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる