春夏秋冬

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑記  心って 良くも悪くも 変わりやすい

<<   作成日時 : 2008/10/04 14:32   >>

トラックバック 0 / コメント 6

  
   子供も 、 大人だって
  見てふれた対象に影響を受けるわけです。
子供時代に 聞いた歌の歌詞 読んだ物語 見た映画、舞台、 芸術作品、等 その後の 人生が大きく左右されてしまうことも ・・・このことをを 自覚した 時 
 生命の大切さや 愛を 書きたいと思ったのです。 拙いながらも努力しょうと。 もちろん自身が いい人間を目指し いい生き方
 を心がけねばなりませんのね。
                                                              

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
良い人間 良い生き方
とても難しいですよね。強さを持ちながら、それを秘めて 柔らかくなくては刺々しくなってしまいますし。

如何に自分を見失わず、柔軟に学んでいくかですね。そこから美しい言葉が生まれ 歩いていってくれたら嬉しいですね。
kyoー
2008/10/08 23:55
お早う御座います。
いつも、気持ち玉ありがとう御座います。
【もちろん自身が いい人間を目指し いい生き方】
いい人間の定義が難しいですね〜。
うちの息子は、正義感が強くって、心配しております。
タバコを吸ったことがありません。
以前、マンションの上に住む人が投げタバコをしている人を見て、追っかけて行っているのです。
注意しようと思ったのでしょう。

又、住んでいるマンションの前に、道路があるんですが、違反駐車がずらった並んでいる。迷惑、極まりないのです。
道路前の駐車場を料金支払って、駐車場を借りているのに、その人達の神経はどうなっているのでしょう?
もちろん、、道路には(法令ではない)駐車禁止と書いてあります。
その違法駐車のメンバーには、町内の役員もいたのです。この役員、したたかですよ〜。
息子があまりにも迷惑な違反駐車に、頭にきたんでしょう。警察に通報したんです。
2回程、違反駐車20台位に注意の張り紙がされましたが、何も変わりません。
矛盾とはいいますが、そんな社会の悪に向かいがちな息子・・・・心配しています。
男は家を出ると7人の敵がいるといいますが、社会の矛盾を1つ、1つ、知って、どう対応できるのか?
従って、従わせる・・・そんな生き方も学ばせなくてはと思います。
やや、ずれたかもしれませんが・・・・
十界論・・・一念三千・・・いつも、菩薩界でいたいものですが・・・・


夕顔とひまわり
2009/08/08 08:35
こんばんは〜
遅くなってごめんなさいねぇ。
いつも、コメント有難うございますぅ。
> いい人間の定義が難しいですね〜

そぅですね。
私的に簡単に言わせていただけば、
善悪をわきまえて良識がある。
利他の幸福のために行動できる。
何でもブラス思考でとらえられる。
人のせいにして逃げない。
優しく思いやりと寛大さ、努力と・・
ぁらら、書きはじめると、きりがなくなりますぅ。
> 家の息子は正義感が強くって、
  心配しております。・・・
  ・・そんな社会の悪に向かい
  がちな息子・・心配しています。

心配されるお気持ち解かります。が、正義の心をお持ちの息子様を持たれて、ほんとに良かったですね。
今時、どこで何をしているやらと、そんなご心配でなくて幸運です。
それにしても、投げタバコ、良くないですね。
火がついていたりして、燃える物の上にでも落としたら、大火事にならないともわかりません。
ただね、注意された人が逆恨みとか、喧嘩ッ早い人に当たらないとも解かりませんね。
そんな場合、被害を受けないともわからない。
そのような感じのご心配ですよね。
息子様に、そのままお話されたらいいですよね。
「そんな貴方をとても誇りに思っている。だけど、注意される相手の人の気持ちになって、穏やかに優しい
言い方をしてね。怒った言い方、咎める言い方をしてしまうと反感を産んで、とんでもない結果を招かんともかぎらないから。」とか、穏やかにね。
人に注意、厳しくすると、人から今度は自分が厳しくされる、といぅことになりかねませんしね。
  このつづき、明日になります。
        すみません。




夕顔とひまわり様へ  織り姫
2009/08/10 00:53
遅くなりました。
以前、東京駅の売店から浮浪者の男性が、おにぎり一個を盗み去ろうとして、追いかけた店員男性が殺された事件がありましたね。
あの時、私は思いました。
もしも店員様の心にゆとりがあって、お金も無くさぞかしおなかが空いているのだろうと思いやり、追いかけておにぎり2・3個あげてたら、こんな大事件にはならなかったでしょうと。
それどころか、浮浪者の人の心を温め、反省させることもできたのではと。
犯人逮捕をテレビで見ても喜べませんでした。
昔、学校帰りにある少女が田舎道を歩いていると、後ろから着いてきた中年男性に突然、金を出せと脅かされたのです。
少女のポケットには500円入っていました。
一瞬とまどいましたが、こういいました。
「 おじさん、お金がいるの。
  家へ行って両親に相談したら。 」
男の人は両親に事情を話しました。
事業に失敗し、借金して田舎に帰ったものの、結局
東京へ帰るお金も無くなったと。
それで両親が、帰るお金を差し出したところ、男の人は泣きながら、「もう、二度と悪いことはしません」
と誓って帰っていったそうです。
何時の時も人の真心こそが、人の心を打ち動かすのですね。
悪事を悪い事と逮捕するよりも、時に愛情、慈悲の心で接することがどれだけ大切かなと思うのです。
レ・ミゼラブルの小説もそのことを語っていますね。
どぅぞ、素晴らしい息子様にお母様からお話いただけましたら幸いです。

夕顔とひまわり様へ  織り姫
2009/08/11 00:22
お忙しいのに、有難うございます。
そうでしたね〜。私が心配しているのも、そういう、臨機応変の態度ですね〜。
黒。白、つけたがるところがあり、相手への事情を聞くくらいの寛大さが必要と思っています。
有難うございます。
夕顔とひまわり
2009/08/13 22:21
こんにちは〜
ご丁寧に、有難うございます。
まだまだ暑い日が続きます。
ご自愛くださいませね〜
夕顔とひまわり様へ  織り姫
2009/08/14 14:17
雑記  心って 良くも悪くも 変わりやすい 春夏秋冬/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる