春夏秋冬

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑記   鬼 と 福

<<   作成日時 : 2009/02/03 01:39   >>

トラックバック 0 / コメント 46

 
  もう長い間 我が家では節分の豆まきを忘れている。

小さい頃 畑から取り入れ 煎った大豆で豆まきをした。
私は 6粒の豆 祖父は64粒 
年の数だけ豆を食べたら、一年間 おまめさん
つまり 健康でいられるとのことだった
祖父の豆の数の多さと 私は いくつもない数をくらべて
一年に一粒しか増えないことを頭に巡らし
つまんない と思った
豆を美味しいと思わなかったから 食べたいわけでもなく
ただ 少しの豆粒に自分の幼さを思い知り
大きくなるのに 待ちきれないほど永い時間がかかることを考えた。

 
 バララララララ〜
母が家の中へ向かって豆をまきながら
「 福は〜家  福は〜家 鬼は〜外  鬼は〜外 」 と言った
こんどは玄関へ行き 表へ勢いよく バララララア〜とまいた 
私は小学3年生になっていた
家の中で 母の声を聞きながら 家中をながめ
天井の隅々を丁寧にながめながら考えた。
鬼、 って どこにもいない。 いないのに・・
鬼ってどこにいるの
福って 来ても 見えるのかなぁ・・
見たことないから やっばり いないと思った


 私も いつの間にか年頃になって 少しづつもっと年を重ねて
鬼 と 福 が、見えるようになった
鬼と福は 間違いなく どこの家にもいたのだ
私の中にいる鬼の神 
私の中にいる福の神
神とは その魂の力 働き 行動 しわざ だから
魂が悪鬼を働くか 幸福を招く善神の働きをするか
鬼も福も 私自身の心しだいなのだ
今は そのように信じている  
 
   

 世の方は どう思ってみえるのかしら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(46件)

内 容 ニックネーム/日時
鬼と福は同一なんですよね。
自身に潜む相反する心・・・。

私ももっと大人にならねば・・・。
一年に一度でも考える機会・・・。

私、毎日、紳士を心がけていますよ。
285
2009/02/03 06:08
邪気をはらい慈しみの心を持つ、
それが豆まきの真髄でしょうか?
と、自分でも訳の分らない事を書いてみました。
カメさん
2009/02/03 07:56
福と鬼は表裏一体と言った所でしょうかぁ。
確かにその人の心掛け1つですよね、福になるも鬼になるもねぇ。
最近は表面では福の神を表して内面に鬼を隠し持っている人がいっぱいです、もっと子供の時のような人を信じる心を持っていたいものです。
朱柄の槍にてござそうろう
2009/02/03 19:56
この前の日曜日に、少し早かったけど
豆まきを姪っ子としました(^^)

幼い子は無邪気でこちらが癒されます♪
masa彡
2009/02/03 21:59
こんばんは^^
私も福と鬼は自分の中にあり、表裏一体だと思っています。
心がけ次第で鬼にも福にもなります。
福でありたいですけれども・・☆彡
betty
2009/02/03 22:04
こんばんは
米有難うございます
自身にひそむ相反する心。
怒ってるときに、喜びの心が出ないように
鬼と福が同時にでるなんて ないですからね
285様が 紳士を心がけてみえるの、お姿は
見えないですが、それは感じとれています。
やはり、伝わってくるものですから。
紳士は福を招く福の神ですね
285様へ  織り姫
2009/02/03 23:14
こんばんは
米有難うございます
邪気を払い、慈しみの心を持つ、
それが豆まきの真髄。
仰られるとおりと思いますね
慈しみの心でくらしたら、福はたくさん積まれて
喜びの日々になりましょうからね
カメ様はいつも福を積まれ、楽しい暮らしのように
感じますけど
カメ様へ  織り姫
2009/02/03 23:28
こんばんは
米有難うございます
ほんとに日ごろの心がけが、何かの時に
出たりしますからね。
いつも事件のニュースなどで、あの人がぁって
驚く隣人のお話をしてたりしますね。
このごろは、うかうか信じてられないような
事件が多すぎますね。私は韓国ドラマを見ていて
昔の日本人が持っていた純情を感じながら、
やはり残念な気持ちになります。
韓国ドラマは、見られたことおありでしょうか

主柄の槍にてござそうろう様へ  織り姫
2009/02/03 23:45
こんばんは米有難うございます
豆まき姪子さんとされたのですね
毎日が豆まきの心でいたら
一番いいのでしょうね。
鬼はいつもいない状態で、家族が
福の神で暮らせたら最高ですね
masa様へ  織り姫
2009/02/04 00:04
こんばんは
米有難うございます
同じ感じ方で嬉しいですね
心しだいで鬼にも福にもなりますと
betty様の仰るとおりですよね
私も日々それを実感しています
優しいbetty様は福を心がけてみえるのが
伝わってきますよ


betty様へ  織り姫
2009/02/04 00:23
おはようございます。こうやって、織り姫さんと、ブログでお話させていただけるご縁に感謝しています。、自分のなかの鬼と福、そうですね。ありますよね。
僕はよくこう思います。「つらい想いをした子供は、人にやさしくできる」という事をたまに聞きますが、その逆の実例もたくさんあります。例えば、虐待を受けた子供は、自分の子供にも虐待をしてしまう傾向が強いというデータがあります。私は、5人兄弟の長男で育ちました。父があまり家にいない人だったので、相当母に虐待に近い叱られ方をしたものです。20歳くらいの時、ある書籍とのであいから、この傾向に気付き、苦悩しました。そして、それまでの育てられ方、ねじ曲がった価値観と人生の棚卸をしました。5年はかかったと思います。
鬼もいるし、福もいます。福にだけ、固着すると、
大切な人に対して、鬼になってしまいます。最近は、鬼を上手に使えるようになってきた気がします。まだまだですけど、
あたたか(あたたかデザイン)
2009/02/05 08:08
こんにちは
いいお話を有難うございます
あたたかの心に宿っている命がきれい、純粋なればこそ、そのよぅに努力できたのだと信じます
心がきれいでなく、濁っているなら、良い環境であっても、自分で不幸せを招く方へいってしまいますから
心が強くきれいな人は、難題を幸福へ転換しょうと
する意欲、力を発揮します もち、克服するまでには
相当の忍耐と努力がいりますが。
心にある鬼も 邪悪を切る剣に用いれば、それは
福を招く善の剣となりますね
鬼と福 上手くだしたいものですね
織り姫
2009/02/05 09:30
すみませんときどき
おつむがボーとしてます
あたたか様へ  織り姫
2009/02/05 09:33
追伸、ふと今思い出した言葉がありました。
言葉にすると、より深く自分の頭の中に刷り込まれるので、勝手にコメントさせていただきます。
二年くらい前にクリスチャンの人から聞いた言葉ですが、「愛とはなんですか?」という説明で、ここにこう書いてありますよ。と教えて頂いた。言葉です。
愛は、辛抱強く また親切です 愛はねたまず、自慢せず、思いあがら、ずみだりな振る舞いをせず、自分の利を求めず、刺激されてもいら立ちません。
傷つけられても根に持たず〜すべての事に耐え〜信じて、すべての事を忍耐します。 とかいてありました。頂いた聖書の中にここだけ付箋をはっておいたので。織り姫さんのおかげで、今こうして読み返すことができました。ありがとうございます。
ありがとう。
あたたか(あたたかデザイン)
2009/02/05 11:51
こんばんは
聖書の愛についての言葉は 人を真実の愛で愛した人の言葉だと思います。
一人とか、または極親しい人には、このような真実の
純粋な愛もできるかと思います
その場合、好ましく尊敬できるから、大切な人だから、家族だからとかの条件がついているかもしれません。けれど、自分にとってやっかいな人、嫌な人、なにかにつけてマイナスに働く人など、そのような人にも、真実純粋な愛で抱擁できるようになったら
やはり、善神の心が強い人でしょうね
神、仏は、そのような可愛そうで不幸な人ほど可愛いといいますから。
あたたか様へ  織り姫
2009/02/05 22:46
こんばんは。
「鬼と福」は何処の家にもいますね〜
と云うよりも どの人の中にも居る!と云った方がいいのかもしれませんね。
なので 私は大人になってからは「鬼は〜外!福は〜内!!」だと思っています(*^-^)♪
マリー
2009/02/07 01:48
お早うございます
米有難うございます
鬼は外、福は内 なのですね。
子供の私は内を家だと思いこんでいました。
つまんない・・と思った日より、豆まきにもつまんない、を感じて一人我関せずできました。
どの人の中にもいる鬼を追い出し、福は我が心の中に
あるのだ、ということだと理解しています
マリー様へ  織り姫
2009/02/07 08:06
おはようございます。
織り姫さんの書籍また読み進めています。
聖書の言葉をコメントさせていただいた後、ゆっくりできる時間があったので、読ませて頂きました。
蛇の眺めた、親子の会話、すごく良かったです。
そしてそのあとの、クモとかぶと虫との語りの部分。まさしく、先ほどの部分ですね。本当に心にしみわたりました。自分の書籍は遠慮なく赤鉛筆で一番上に 点 を印しておくのですが このあたりは数ページにわたり、赤い色鉛筆の点があちこちに点在してしまいました。本当に素晴らしい本です。
目に見えるものと 目に見えないもの・・・
の部分とか、蛇が捕まえられて、お父さんが子供に、語りかける部分とか、もう言葉にならないあたたかさを感じました。他にもたくさんあって、何度も読み返せそうです。ありがとうございます。うれしいです。 
あたたか(あたたかデザイン)
2009/02/07 11:13
こんにちは
今日は暖かくて良いお天気ですね
感想有難うございます
たくさん書いてくださいまして
嬉しく思っています
その先の死については、も少し深く
書きたくもありましたが控えました
いつも有難うございます
本にして良かったとあらためて
感じました
あたたか(あたたかデザイン)様へ 織り姫
2009/02/07 16:14
初めてお邪魔させて頂きました。
そうですよらね。
善神も悪神も自分の心次第だと思います。
節分の豆まきを瞼に浮かべながら読ませて頂きました。有り難う御座います。
chiharu
2009/02/09 16:40
始めまして
ようこそです
米有難うございます〜
chiharu様のお花のお写真、どれも新鮮に感じました
これからも、見せてくださいね
chiharu様へ  織り姫
2009/02/09 20:14
いかがおすごしでしょうか。
今年も豆はまきませんでしたが、
いただきました。
福や鬼のことは分かりませんが
病気になるのは嫌ですね!
pale moon
2009/02/09 21:43
こんばんは〜
毎日ご用が出てくる物ですね。
PC開けても、ゆっくり見られない感じです。
今月はドバーといろいろと。
paiemoon様はお豆、何粒いただかれたのでしょう
ぁら ごめんなさい 私はねoo粒ですうぅ
きっと今年も健康でいられますよ。
まだまだこれから青春だものね
paie moon様へ  織り姫
2009/02/09 23:39
なるほどね。人の中の鬼と福ですか。
考えさせられますね。
そうそうわたしの子どもの頃も年の数だけでしたね。
お雑煮もお年玉も年の数だけ。で、大人ってそんなにたくさん生きたのかってびっくり。想像できない数字でした。いまではわたしもたくさん生きて。今年も元気で過ごせますように。
ののはな
2009/02/11 23:50
今日もお疲れさまでした。米有難うございます
子供のころ、ののはな様も私と同じような思いを
持たれたのを知ることができて、なんだか嬉しい気持ちになりました。私も一度死にそこなってから、たくさん生きることができました。ほんとに生きてて
楽しいですし、振り返れば苦しい時が楽しい時でした平凡なのだけど苦しいナといぅのが好きです。
ファイトがわいてて、
いつも何かに燃えているのが好きだから。
病もぶっとんでいくのだもの。



ののはな様へ  織り姫
2009/02/12 00:25
歳を重ねるにつれて考えに
変化が見えて、おもしろいですね〜

小さい時は、目に見える事だけが
真実だと思っていました。

でも大人になったら、
目に見える事だけじゃなく
目に見えない事も真実だと
思えるようになりました。

それは、人の気持というものが
わかってきたから・・・

成長するってそういう事!
なんでしょうね!(笑)・・・
バイナラー
2009/02/13 01:46
こんにちは
米有難うございます
ほんとにそうですね
目に見えないものに真実大切なことが
隠されているのですね
目に見えないけど厳然として存在する物
たくさんありますね。けれど目に見えないものは
必ず目に見える証として現れてきますね。
人の心もそうですね。
日ごろの思いは日がたつにつれ、生活お仕事、
人間関係の上に見える結果として現れます。
悪しき思い、美しき思い、まわりに影響を及ぼし
我身に帰ってくるものですね
日々の心がけこそ大切てすね。
織り姫
2009/02/13 11:05
すみません
いつも ボーとしてます
バイナラー様へ 織り姫
2009/02/13 13:01
横入りすみません。
はじめまして翼です。
ブログに足を運んでいただいてありがとうございました!
最近ブログをサボりっぱなしだったんですが、コメントとても嬉しかったです。ありがとうございました。織り姫さんの書く詩は日記はとてもきれいでいいですね。見習いたいです。

2009/02/13 19:11
こんばんは
米有難うございます
皆様のブログには素敵なお写真や絵など
見所満載ですので、私は無愛想なままで
失礼しています。
詩につきましても、皆様のように
ロマンチックには書けないのです。
鼻歌からですので、楽譜にのるように
意識して、詩というよりも
歌詞として言葉を省略して書いています。
ですので意味不明に思われる方がみえても
おかしくありませんのよ。
こんな私ですけど どうぞよろしく
お願いします





翼様へ  織り姫
2009/02/13 23:06
初めまして。
コメント頂きありがとうございました。
鬼も福も 自分自身の心しだい・・・
そうなんですね。
改めて考えてしまいました。
文章の苦手な私は織り姫さんの素敵な言葉に惹かれます。また寄らせて頂きます。
ろこ
2009/02/14 00:11
お早うございます
米有難うございます
ろこ様の海の波のお写真に心ひかれました。
素敵な絵になってて、美しく見ていてあきることが
ありません。いつまでも心に残って何度でも
見たい一枚ですね。
ろこ様へ  織り姫
2009/02/14 09:20
ただ一言
素晴らしい!
gakkokamen
2009/02/14 20:16
米有難うございます
ただ一言 嬉し〜いです
もう一言 ありがとうございますぅ
追伸一言 
 これからも どうぞよろしくお願いしますぅ
月光仮面のお兄様へ 織り姫
2009/02/14 21:48
〔 節分 〕・・意識しながらも、家ではやりませんでした。
 伝統行事を大切に思う気持ちは、年々強くはなっていて、玄関と、トイレは極力、季節感や、伝統行事感じるものは気がけていきたいと思います。(努力中!!)
 鬼と福・・・日々意識しておりますが、幸せの気持ち、楽しい気持ちの時に、子を叱らねばと鬼にならなければ・・と、ここは、鬼の顔の必要性を求められる時は、嫌ですね!(やや視点がずれるかもしれませんが・・・) 自分のマインドコントロールにおいて、今特に、慢」に、注意しております。人間関係において、こんなにしているのに!!と思った瞬間、言葉、態度に表れて、過去失敗しているように思います。{%表情きら〜いdeka%hdeco人生、残りは、穏やかに、優しく過ごしたいものです。 怖い物知らずで、過去傷つけた人もかえりみなかった、わがままな私だったように思います。反省!反省!  こんな、女性ですが、宜しく御願いします。
夕顔と朝顔
2009/02/15 01:26
おはようございます。
ブログ気持ち玉ありがとうございました
年の数だけお豆を食べるのも今ではちょっと苦痛かも・・・
人の心の中には福も鬼もいると思います
鬼が出る事も、お茶目な鬼なら時には良いかなぁ〜なんて
・・・やはり鬼はダメかしら
きょんたん
2009/02/15 08:32
こんにちは
米有難うございます
お玄関とトイレに、いつも季節感を取り入れて
きれいで楽しくを心がけてみえる夕顔と朝顔様は
きっと素敵な妻であり、優しく賢い母様でしょうね
ご自分の慢をいましめてみえるなんて素敵ですね
なかなか出来ないですもの。
鬼にも悪鬼と善鬼があると思います。
命を壊し生命力を喰らい地獄へ誘う悪の働きと
邪悪ゃ悲しみ苦しみ不幸の元を壊し喰らう善の働きと
ありますからね。青春時代は振り返れば私も、胸に棘さすことばかりですね。お互いさまにね


夕顔と朝顔様へ  織り姫
2009/02/15 12:54
こんにちは
いいお天気ですね
きょんたん様は、かいがいしく働いてみえることでしょうね。きよんたん様の可愛い鬼、楽しいお茶目な鬼ならご主人様も歓迎でしょうね。
いつまでもお幸せでいてね〜
きよんたん様へ  織り姫
2009/02/15 13:10
鬼と福は、いろいろ伝わりますね。
sisi
2009/02/20 20:58
こんばんは
米有難うございます
sisi様の水着姿 どんなのでしょうか
見たいですね〜 
sisi様へ  織り姫
2009/02/20 23:57
「なまはげ」などのしつけに便利な風習のない地域に住んでいるので、何年か前の節分以来、「鬼」を便利に使って「いつまでも寝ないと鬼が来るよ!」などと4歳の娘のしつけに使って、それがけっこう効果的たっだのですが。
最近は「鬼さんが悪さをするには、何かわけがあるのかもよ。わけもきかずに嫌ったらかわいそうだよ」などと言うようになりました。
人の心の中の鬼=邪気というものに、我ながら心当たりあり、という年齢になったのかもしれません。
Beehive M
2009/02/21 22:26
こんにちは
米有難うございます
私の時代に比べ今の子供さんは、びっくりするくらい賢いですね。返って教えられます。
幼い娘さん極可愛いですね。とってもいい娘さんです
賢いね〜優しいね〜親さんがいいから、きっとこんなにうまく育っているのでしょうね。
微笑ましくだきしめたいね。お大切にしてね〜
Beehive M様へ 織り姫
2009/02/22 13:02
おはようございます。
昨日は津市の手作り絵本の出展にいってきました。
本当にたくさんの絵本がでていて、とても勉強になりましたよ。手作り絵本教室という 絵本作りのグループの方から色々教えていただき。「ああ やっぱり現場でないとわからないな・・・」とう気付かされる事がたくさんありました。絵本の 絵と 文章についての考え方や(それぞれ好みはあるそうですが・・)やっぱり基本というか、フォーマットがあって、取り入れる いれないは別としても 先人が作り上げた英知の結晶ですので、
触れておく 必要はあるのだな・・・と素直に思えました。刺激をうけたせいか、午後は 子供達と楽しく遊べて満足な1日でした。
あたたか(あたたかデザイン)
2009/02/23 09:08

こんばんは 
絵本の出展 おめでとうございます
それにお疲れさまでしたね
また お仲間の方々の作品にふれれば
よいお勉強にも刺激にもなって意欲もわきましょうね
いろいろ学び、これからも急がずとも、良い作品を
積み重ねていかれますことを楽しみにしています。
本職の方も造るお仕事ですね、素敵なお仕事です
これからも頑張ってくださいね
米嬉しく思っています
あたたか(あたたかデザイン)様へ  織り...
2009/02/23 18:30
久しぶりでいくつかの詩を読ませていただきました。昔政治に関心を持った学生時代いつも詩を書いていたように記憶しています。誰にも読まれることのない詩でした。優しい心が詩を書かせるようですね。
マイ野鳥図鑑
2009/02/25 22:03
こんばんは
米有難うございます
自然の中で可愛い鳥さんを見られてお幸せですね
その幸せを私もいただけて有難うございます
昔詩を書かれましたのね
鳥さんの詩 かかれましたら
ブログで読ませてくださいね
マイ野鳥図鑑様へ  織り姫
2009/02/26 22:18
雑記   鬼 と 福 春夏秋冬/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる