アクセスカウンタ

2008年9月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
詩   心 の 妹
       野ばら ほのかに 香る朝          あなたは 隣家の 娘( こ )となった          だっこや おんぶし 早や三歳 ( みとせ )         あなた天使か お人形か ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2008/09/29 14:20
   童話     雪 花                
 人から人へ 町から町へ 大幸病院の院長先生は 優秀な博士で 誠実な名医だと評判になっていました。  徹也少年は  それを知りませんでしたが、その父母を尊敬して素直で賢い子供でした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/14 03:54
 詩    宇宙の子
     貴方も 私も 宇宙の子      美し世界の この地球へ      宝をもらって 生まれたの      目と耳 鼻 口 その身体      学んで 幸福 作るため ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 5

2008/09/08 00:07
  詩      お昼ごはん
   スカッと青空 上天気      燃えてお日さま照りつける    カッカッ ジリジリ 汗だくだ     お顔も身体も 小麦色     トンボがすいすい飛んでいく ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/04 23:29
 詩    ビクニック
青空 のどかな野道 並んで 花咲く丘へ 楽しい学校のビクニック お弁当 水筒 持って                                                        青空 嬉しい 山道 車に乗って 紅葉狩り 楽しく家族でビクニック 子犬のねねも一緒なの                                                        もぅ少し 大きくなったら 日の出と夕日の海を 見たいと夢みる 女の子 お絵画き  真... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/04 00:44
雑記  誰でも いつか高齢に・・・
 高貴高齢になると 手足も思いどうりにならず 苦しく寂しい気持ちになると思います    そんな日々 優しく親切にされたら その人を 天使 神仏 菩薩さまと思い 心で手を合わせて いるでしょうね                  誰かを幸せにできたら 自分が何倍も幸福になるから心って不思議です    誰かの手を借りなくてはならない高齢の方は  幼子に返った可愛い人に見えます                                                   ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/03 23:33
 詩    可愛い人
冬の季節は 誰にもあると 山 谷 こらえて 乗り超えた人 野辺に 小さな 花咲くよぅな 細やかな幸福 喜びながら ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2008/09/03 23:05
 詩    夢みる物語
...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/03 22:31
 詩    朝顔のすだれ
  おばあさんが 種をまいて   おじいさんが 網を張った   葉が繁り 蕾ができて   朝顔きれいに 咲きました   青と 白と 紅の色   ガラス戸 日よけの 花すだれ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/03 19:19
 詩   空にむかつて
                         とても とても嬉しくて     なぜか とても嬉しくて     この思いを 空に向かって    とても とても 嬉しいと ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2008/09/03 14:51
 詩    心 持ちたい
花の心は 清らかな愛    いつも 花の心を持ってたら    きっと 美しい人になれるでしょう       花のよぅに    大地のよぅに    太陽のよぅに 心持ちたい         きっと 幸福な人になれるでしょう ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/09/02 23:17

2008年9月のブログ記事  >> 

トップへ

春夏秋冬 2008年9月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる