春夏秋冬

アクセスカウンタ

zoom RSS 詩   心 の 妹

<<   作成日時 : 2008/09/29 14:20   >>

トラックバック 0 / コメント 5

  
    野ばら ほのかに 香る朝
    
    あなたは 隣家の 娘( こ )となった
    
    だっこや おんぶし 早や三歳 ( みとせ )
   
    あなた天使か お人形か

        
           
     もみじ 色づき 愛でた午後
      桃の ほっぺが あせていた
     にわかの 高熱 日に細り
     医術尽くして 祈る父母

    
     
     青い お空の 月夜星
     
     あなたは 帰らぬ かぐや姫
     
     優しく 可愛い 声 姿
    
     空し虚空に 影を追う


      三世転生 縁 深き
            
      次に 会うまで おねんねさん
                


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
子供って

邪心がないから、いいのでしょうネ。

私も、子供と触れ合っている時は

たまに童心にかえって

夢中に遊んでいる時があります。

子供には、私達大人にない

未知のエネルギーがあるのでしょうネ。

そんな純粋な時期に

戻りたいって思う事も・・たまにあります。

大人社会の

イヤな駆け引きや、嘘

そして、相手を落しいれようとする心、

妬みや、そしり

そんなもののない社会であれば、

と思うのですが、それが現実ですもんネ。

月見草
2008/09/30 07:58
おや? 財布が 落ちている。

こいつは、 いい 拾い物だ

と、男が、それを家に帰って あけてみると、

なんと、100両もの大金が入っております。

こいつは誰かに見られたら大変だ。
 
そうだ庭に穴を掘って、

埋めておけば安心だ

さっそく
 
庭に穴を掘り100両を埋めてから、
 
その上に、
 
うんちをしました。

こうしておけば誰もこの下を
 
堀だそうとはしないはず

と、 
安心したとたんに、
 
夢から目がさめました。

おや? 

金を拾ったのは、
 
あれは夢だったか。
 
惜しいことをしたな、しかし、 

このお尻の感触は・・・・・

しまった!
 
こっちは本当だった!

夢って、こんなものですよネ(*^▽^*)


夢のお話(*^_^*)ニコっ
2008/10/01 18:57
人間は、

生きてゆく過程において、

様々な困難にぶつかります。

そうした中で、

何度も生まれ変わってきて、

魂の修行をしているのかもしれません。

でも、

愛がなければ

生きている意味も

なくなるのではないでしょうか 

愛がなければ、

人生とは、

苦悩と悲しみに

満ち満ちているものかもしれません。

しかし、

愛があれば苦悩には苦悩の意味があり、

悲しみには悲しみの意味があると思うのです。

苦悩や苦しみがあるということは、

私達人間に

ある選択をせまっているのかもしれませんネ。

月見草
2008/10/02 19:13
選択とは・・・・

それは、

私達一人一人が愛ある人生を選ぶか、

あるいは、

愛なき人生を選ぶか。

その選択のこと・・・

その選択によって、

幸福になるのか、

不幸になるのか、

結果が違ってくるのかもしれません。

愛は大河です。
   
無限の上流より、

無限の下流へと流れてゆく大河です。

そして、

いかなる人でも、

この大河に逆らうことはできないように思います。

愛はすべてを与え、

すべてを押し流し、

許してゆく力なのかも。    
つづき
2008/10/02 19:13
人として。。

愛の無い人生を
選ぶ事は
あり得ません。

人として生まれた以上
人は 愛を求め

そして
愛を与えたいと
思い続ける者のように
思います

その対象を
個人として
ゆくのか

自分の周りの
全てのものに
与えようとして
行くのか。。

その場合

個人的な愛を
育む事を
捨てて行かなければ

他の多くの者達に
愛を与え行く事は
難しいようにも想います。

月見草さんのいう

選択。。
というのは

私自身の中では
この2点の選択を
考える時があります
miyu♪
2008/10/04 18:35
詩   心 の 妹 春夏秋冬/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる